帰属権利者

家族信託における帰属権利者とは、その家族の信託の終了事由の発生により契約が終了を迎えた場合や、委託者及び受益者の合意によって契約解除となった際に、その時点で残された信託財産(残余財産)を受け取る人(帰属者)のことを言います。

信託契約が終了および解除された時点での信託財産に関する債務を弁済、清算を行いますが、その際に残った信託財産を残余財産といいます。その帰属権利者に帰属された残余財産は「帰属権利者の固有の資産」となります。 

帰属権利者は家族信託の信託契約で定めることができますが、特に決められていない場合の残余財産は委託者に帰属します。また、帰属権利者が指定されていない、帰属権利者が既に死亡またはその権利を放棄した等の場合には、残余財産は委託者またはその相続人等に復帰します。

帰属権利者が亡くなった場合、その委託者の相続人が帰属権利者となります。その委託者の相続人も死亡、又は帰属権利者としての権利を放棄する場合、最終的には残余財産は信託契約終了時に精算を行った受託者が帰属権利者となります。

信託終了時の残余財産の帰属権利者の指定を検討する際には、受益者と同様、その権利を放棄した場合や既に死亡している場合を想定して、委託者の意思や希望を予備的に別途で定めておくことを検討しておくと良いでしょう。

家族信託の知っておきたい用語集について

家族信託(民事信託)について、こちらもご覧ください

まずはお気軽にお電話ください

0120-008-240

【受付時間】月~金 9:00~18:00 土 9:00~17:00
※上記以外の時間はお電話に出られない場合がございます。

初回60分~90分無料相談はこちら

名古屋を中心に家族信託を親身にサポートいたします。

名古屋家族信託あんしんサポート
運営:税理士法人川﨑会計事務所