家族信託が必要な方とは

どのような方が家族信託を利用されるのか、例を挙げていきますので、ぜひご覧いただき参考にしてください。

遺産分割協議が複雑になる可能性がある

  • 二次相続を見越した相続で、相続をさせたくない相続人がいるため。
  • 遺産分割方法に特定の希望があるため。
    (孫に多く相続させ、長男嫁には相続されないようにしたい等)
  • 遺産分割協議が難航する事が予想されるため。
    (過去に離婚歴があり、前妻との間に子がいる。または内縁の妻や意思判断能力のない相続人がいる等。) 

認知症についての不安がある

  • 親が賃貸物件を所有しているが、もしも認知症になってしまった場合、相続税対策や賃貸物件の管理をその後も継続したいため。
  • 将来自分が認知症になった場合に備えて、所有する財産の管理を信頼する子供に指名して託したいため。

障碍のある親族の、親の死後が心配

  • 子供や孫に障碍のある子がいて、死後の生活保障を心配しているため。

共有名義の財産がある

  • 不動産や株式など、共有名義の財産があるため。

事業承継について

  • 経営者以外に株式が分散している(議決権集約型)ため。
  • 経営者が唯一の株主になっている為、もしも経営者が認知症の罹患などにより判断能力が不十分になってしまった場合、経営が成り立たなくなるため。

家族信託についての基礎知識について

家族信託(民事信託)について、こちらもご覧ください

まずはお気軽にお電話ください

0120-008-240

【受付時間】月~金 9:00~18:00 土 9:00~17:00
※上記以外の時間はお電話に出られない場合がございます。

初回60分~90分無料相談はこちら

名古屋を中心に家族信託を親身にサポートいたします。

名古屋家族信託あんしんサポート
運営:税理士法人川﨑会計事務所